2013年03月25日

江戸時代の洗い髪とアルファウェイ

アルファウェイが化粧品についてお話するブログです。こんにちは。
お話するのを調べているのはアルファウェイです。
アルファウェイは化粧品の会社ですね。
アルファウェイはシリーズものです。
私が愛用しているのはアルファウェイです。
アルファウェイは色んな種類があります。
アルファウェイはシャンプーも出しています。
今日はそんなシャンプーについて調べてみました。日本は昔洗髪によって髪を美しくするという概念は今ほど強くなかったそうですね。そんな中、江戸時代に「洗い髪」が、町屋(花柳界)の女性の伊達な誇りとして流行したんだそうです。
江戸の女性は髪を洗うときは絞り染めの浴衣を着て、前垂を背にかけて、髪垢で着物が汚れないようにしたんだそう。洗った後は髪が乾くまで散らし髪のまま近所を出歩き、乾くと油をつけないで仮結にし、それを粋の極致としたんだとか。この洗い髪の粋な艶姿で有名になったのは明治時代、東京の名妓、「洗い髪のお妻」だったそうです。
ただし、江戸でも御殿女中などが髪を洗うのは、依然まれなままで、髪を洗わない女性は唐櫛でよく梳いて垢を取り去りてその後に匂油をつけて臭いを防いだんだとか。
では今日はこのへんで。アルファウェイでした。

◎関連ワード
株式会社アルファウェイ アルファウェイモンゴル流シャンプー アルファウェイスカルプシャンプー アルファウェイ化粧品 アルファウェイラディアンス アルファウェイアンチエイジング アルファウェイリバイブ アルファウェイキオティル アルファウェイシャンプー アルファウェイ通販
posted by 美佳 at 14:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔の日本でのシャンプー全然知らなかったので、面白かったです!
アルファウェイも気になるので、アルファウェイのお話も楽しみにしています^^
Posted by 箱部 at 2013年03月25日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。